培養士が作る不妊治療情報サイト
CATEGORY

体外受精

  • 04/18/2021
  • 04/18/2021

シミ対策

シミの正体は「肌を守ろうとする」肌の防衛機能。 黒色メラニンはシミの原因になるため、「肌の敵」と思ってしまいがちですが、実は紫外線によるダメージから肌を守るはたらきをもっています。  この黒色メラニンを蓄積する事によりシミとなって現れます。 […]

  • 07/27/2020
  • 07/29/2020

胚にダメージを与えない!?~着床前診断の今後~

「グレード良くないけど生検して大丈夫?」 「細胞数少ないのに再検査!?」 「お金払ったのに結果なし?」 「検査はできたけど心配・・・」 「細胞取った際に胚がダメになりました。」 「検査するより移植した方がマシだった・・・」 臨床研究が本格的にスタート […]

  • 06/25/2020

ちゃんと出てるのに一匹もいないなんて…無精子症と診断されたら

「無精子症」という診断結果を受けることがあります。「無精子症」とは精液中に精子が全く確認できない状態の事です。日本人男性のおよそ100人に1人が無精子症という報告があります。まさか精液の中に精子が存在していないなんて思いもしませんよね。精液が出ない「無精液症」と異なり、しっかり精液が出るので自覚症状がない場合がほとんどです。

  • 05/03/2020
  • 05/07/2020

1PN由来はどんな胚?

受精結果には、「〇個受精していました」のほかにも、「1PN」や「3PN」という言葉を耳にすると思います。 今回は受精確認の方法と異常受精についてお話しします。 前核形成と融合 精子の中には父親由来の遺伝子情報が詰まっている「雄性核」があり、卵子には母 […]

  • 05/01/2020
  • 05/01/2020

日本における卵子提供について

卵子提供とは、年齢などを理由に自分の卵子で妊娠できない人が他人の卵子を提供してもらうことです。 年齢による妊娠率の低下を考えないでいい事から、メディアで「究極の不妊治療」と取り上げられるほどです。 第三者の卵子を利用することで、遺伝的関係はないものの […]

  • 04/28/2020
  • 04/28/2020

凍結胚の妊娠率

今回は、卵子の年齢と母体年齢での妊娠率の違いについて解説します。 3年前に凍結保存した胚は今も大丈夫なの? 凍結胚の更新の時期だけどどうしよう・・・? 2人目希望だけど妊娠率は? と考えている方必見です。 母体年齢と妊娠率 以前の記事で、このようなグ […]

  • 04/23/2020
  • 04/23/2020

胚盤胞グレードの付け方

胚盤胞のグレード、BL4BCとBL4CB。 移植するにはどっちがいいの問題。 結論から言うと、BL4BCを先に胚移植することをお勧めします! グレードの付け方 まず初めに、胚盤胞のグレードの付け方を説明します。。 胚盤胞のグレードの評価は、世界基準に […]

  • 04/17/2020
  • 04/22/2020

着床前診断(PGT)について

着床前診断とは? 体外受精によって得られた受精卵から一部の細胞を取って遺伝学的な解析を行うことで、移植する胚の選別を行うことです。 現在、出生前診断として羊水検査やNIPTなどがありますが、これらの検査を受ける場合、流産・死産になる可能性や検査を受け […]

  • 04/13/2020
  • 04/13/2020

新鮮胚移植VS凍結融解胚移植

新鮮胚移植と凍結融解胚移植の違いは、採卵と同周期で胚移植するのか、一度凍結保存して、違う周期で胚を融解し胚移植を行うのかの違いです。 チャートにすると次のようになります。 それぞれのメリットとデメリットを考えると、 新鮮胚移植の場合 メリット 短い期 […]